清里の森3-18-5リノベ別荘

リノベ
中古住宅
バブル期別荘
ペレットストーブ
床暖
バブル期に建てられた築30年の別荘で夏しか利用しない目的のものでしたが、テレワークやワーケーションに冬も利用できるようにリノベした。
900万で購入(土地500万)900万で断熱工事(2重サッシ・床下・天井)を断熱工事し、外装塗装、パーゴラデッキ屋根付、水回り(キッチン、トイレ)を改修した物件。
諸経費いれ2000万以内。
ペレットストーブは床下も同時に温めるものを開発、写真は試験機です、冬外気温-8度でも、リビングは22度に保て、床下温度も16度で、はだしでも過ごせるものとなっている。
// 手順説明のページのみ非表示にさせる処理
MENU