探していたのは、こんな家

 

皆さんが思い描く、理想の家はどんな家ですか?

「雑誌に出てくるような、かっこいい家に住んでみたい。」
「自分の空間がほしい。趣味室にもなるようなガレージがあれば最高。」
「植物が好きなので、緑に囲まれた家がほしい。」

と、理想の住まいを語り出せば、尽きることがないかもしれません。

 

スタジオアンビエンテでは、誰も憧れる3つの要素を詰め込んだ、
「探していたのはこんな家」 をプロデュース!

 

夢のまた夢だと思っていた、探していたのはこんな家。


- 3 consept -

平家 × 中庭 × ビルトインガレージ

 

無駄なものを削ぎ落とし、シンプルに。
手の届く理想の住まいへのアプローチ

皆さんは、ハウスメ-カ-の家づくりが、普通だと思っていませんか?

 

「平屋 × 中庭 × ビルトインガレージ」 と聞くと、夢のまた夢のように聞こえますが、
決して驚愕の住宅コストにはなりません。

 

例えば、70坪 の土地に、
「ビルトインガレージ × 中庭 × 1F平屋」 で、4LDK(40坪) の建物でも、
2,600万円程。そこに、諸費用入れてもトータルコストは、約 3,000万円 で実現が可能です。

 

一方、 大手ハウスメ-カ-の家であれば、4LDK(38坪)の真四角な総2階縦で、2,800万円
諸費用入れると、3,200万円程 です。

 

さらに 外構(庭)は別途料金となるため、
外構工事で 200~300万程 をかけて、ガレ-ジや門扉を完備した庭を造成すると、トータルで 3,500万円程 の計算になります。

 

今回実現した、平家 × 中庭 × ビルトインガレージの家は、外構工事込みです。

余計なものをそぎ落とし、地方の良さを活かしたうえで、洗練されたシンプルなデザインにより、

ハウスメーカの家より ~500万円程コスト減 に。
手の届く価格帯の実現を可能にしました。

 

 

平屋 × ゆとりを生む開放的空間

 

平屋

 

都会では得られない、解放的で身体的ゆとりを生む平屋。

天井高は、3.5mの高さを確保。
1フロアで移動が楽なことから、年齢を重ねても暮らしやすく、
大きな開口部や高い窓を設けることで、光にあふれ、風の通り道ができる心地のよい住空間に。

 

 

中庭 × 家の中心となり人を癒す

 

中庭

 

庭を囲むことで、それぞれの部屋から眺めることができる中庭。

リビングから外を見上げると青い空とともにに、一年中視覚を豊かに満たしてくれる植栽が広がります。

前面道路などからの視界を遮り、プライバシ-が保てる点も中庭のある家のメリットです。

 

 

ビルトインガレージ × 空間を繋ぐ機能的スペース

 

ビルトインガレージ

 

「3度の飯より、車やバイク、釣りが大好き。」
「釣り竿を眺めているだけでも、待遠しい週末のことを考えると、活力が湧いてくる。」

 

趣味仲間を呼んで、空いているスペースにテーブルと椅子を置けば、ホームパーティーに早変わり。
趣味に囲まれたスペースで交わされる談話は、いつもより拍車がかかることでしょう。

趣味室への利用の他にも、機能性を多く持つビルトインガレージは、居住スペースから直接出入りできるように設計ことで、
特に車社会の地方では、生活面に大きなメリットを生みます。

防犯や雨に濡れずに車に乗降りできる点、重い荷物の移動の際にも最小限の距離に抑えることが可能です。

 

これまで多くの方の希望を伺うなかで、この家に詰め込んだのは、
「平屋 × 中庭 × ビルトインガレージ」 の3つ。

誰もが「いいな」と憧れる要素ではないでしょうか。

 

 

 

お問い合わせ

 

Produce by (有)スタジオアンビエンテ
一級建築士 窪田浩之